森悦子 のすべての投稿

全米指導者協会グレード試験♪

4ヶ月間、仲間と共に毎日コツコツと練習を積み上げ、見事わかなちゃんとさゆりちゃんが素晴らしい成績で合格しました✨

わかなちゃんはヴィブラートに初挑戦♪ヴィブラートをかける為にも姿勢、フォームなどいろいろな事を改めて見直して素敵なヴィブラートがかけられるようになりましたね❣️そしてスケールにエチュードもとても丁寧に練習を重ねて演奏することができました😊もともと頑張り屋さんでしたが、この4ヶ月間のチャレンジを通してさらに忍耐力、根気強さ、粘り強さが身についたと感じています。そして普段レッスンではほとんど発言しない彼女ですが、一緒に頑張るお友達への声がけが本当に素晴らしく新たな一面が見れて私もとても嬉しかったです。

そしてさゆりちゃん❣️彼女はなんとこのグレード試験のためにたった4ヶ月で4種類のさまざまな調性のスケール、エチュード、バッハ無伴奏パルティータよりプレリュード、ベートーヴェンのロマンス、サン=サーンスのヴァイオリンコンチェルト3番より3楽章と、盛りだくさんのプログラムをこなしました✨新生活の中、学業に部活にと全てに全力で取り組み見事にやり遂げられたこの経験は何ものにも代えられない貴重なものですね。素晴らしいです👏👏👏

曲しか弾かないコンクールなどとは違い、スケール、エチュード、さまざまな要素を含んだ曲を見てくれるグレード試験はヴァイオリンに必要な基礎能力を確実に高めてくれるし、今ある自分の能力、頑張りを認めて貰える素晴らしい機会だと思っています😊

わかなちゃん、さゆりちゃん、おめでとうございます✨✨✨

第76回 全日本学生音楽コンクール 名古屋大会1位✨

昨年に引き続き、今年も1位を頂きました。

澄香ちゃん、おめでとう!!!素晴らしい演奏でした。

コンクールは、自分の精進のために利用するもので勝つことを目的にしてしまってはいけない、と強く思った今回でした。

ブレない自分軸を見つける旅、、

そんな中でも、澄香ちゃんは精神力が凄まじく強い、強くなったなと心から感じました。それもいろいろな経験があるからこそ!

 

子供の頃は特に、コンクールに勝つことは本当に重要ではなく、むしろ弊害になり得るとさえ思うこともあります。結果をどう自分に生かしていくか次第なので、そこを勘違いしないようにして欲しいなと思います。

中学、高校へと年齢が上がっていくと、やはりその曲をどこまで深く理解して自分の言葉で表現できているかがとても重要になる、そして理解しようと思うときに、自分にいろいろな経験、感情、体験がないと理解しようにもピンとこない事も多い。

その為にどんなことも無駄と思わず、映画を見て笑う、本を読んで泣く、友達と喧嘩して仲直りする、、とか、ヴァイオリン以外のなんでもないことを嬉々として出来ることも大切ですね。そして失敗は強くなるための最大の特効薬、と思うこと(╹◡╹)

「春を呼ぶみどり音楽祭」

先日5/15(日)の事ですが、みどり音楽祭が終了しました。コロナの状況をみながらの開催決定ということもありフライヤーができたのも1ヶ月半前と、バタバタの中でしたが、たくさんのお客さまにご来場頂き感謝申し上げます。

2年前に予定してた曲目は、前半後半に1曲ずつ全楽章演奏するガッチリしたプログラムでしたが、コロナの状況下で心境も変化し、聴きやすい短い名曲をたくさん演奏したいなとなりました😊

休憩込みとはいえ約2時間のコンサートということで曲が足りないのではと心配しましたが、ヴァイオリン、チェロ、ピアノとそれぞれのソロもありなんだかんだと盛りだくさんのコンサートとなりました。

いつも最大のストレスとなるトークですが、今回は子犬を迎えた事もあり気忙しい中、トークをある意味諦めたのが功を奏したのか気負わず話せてたようで、作曲された年に日本や世界での出来事を交えてお話したところ、初めてトークがおもしろかったとの好評をたくさん頂きとても嬉しかったです(^^) もちろん反省点も多々ありますが(^_^;)

一緒に演奏してくれたメンバーもこの3人で共演するのは初めてでしたが、なんだかとってもおもしろい波動が生まれてとても楽しかったです。三人三様で良かったとの好評もたくさん頂きました。ありがとうございます。

音楽祭を開催して下さったみどり音楽祭実行委員会のみなさま、ご来場くださいました皆様、応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。感謝申し上げます。

ニューフェイス♪

幸運なご縁がありラブラドールレトリバーの子犬を迎えることになりました♪♪♪ 名前はハウルです✨

犬のレッスン、特に私が今受けているイギリス直伝の先生のレッスン内容は、私のレッスンにもとても役立っています😄

犬は言葉が通じない→言葉以外のコミュニケーション=発想の転換ができる。

ヴァイオリンのレッスンではついついダメ出しばかりになってしまう→良いところを見つけて強化していく。

例えば、テーブルに手をかける犬に対して「それはダメ!」と言うのではなく、犬が手を下ろして床にいる状態を褒める。→手を下ろして床に座っていた方が犬も楽しい♪という感じで、やって欲しくない行動には何も言わない(これ難しい😅)という、自分への訓練にもなる😄

ハウルくんはこの方法で、サークルに手をかけない、という事をたった2回で覚えました✨賢いです!

子犬に会ってみたい方はぜひお声かけ下さいね😄

ヴァイオリン&チェロ デュオ リサイタル♪

ちょうど1年前の同じ時期に澄香ちゃんがリサイタルをひらいたギャラリーカフェカーデンさんで、今年は同じ歳のチェリストのお友達、島宗楽さんとデュオリサイタルを開催しました♪

実力はさることながら、とても初々しい2人で作り上げるコンサートの空間は本当に素敵で、若いうちからこうしてお客様のために一緒に演奏できる仲間というのは貴重ですし、この先の宝物にもなりますね。素晴らしいです👏👏👏

オランダとのオンラインレッスン♪

一気にオンラインレッスンが当たり前となった事により、世界が本当に身近になりました。これは本当にすごい事です!!!

昨年よりトライアルを始めていたオランダと繋いでのオンライレッスン。私の恩師、ベンジオン・シャミール先生のレッスンが、私のお教室で開始しました✨

先生は、ロッテルダム交響楽団のフォアシュピーラー(第一首席)、ダニエルカルテットのファーストヴァイオリニスト、音大教授を務められた方で、あまり小さい子は教えてはいらっしゃらなかったのですが、私は先生の音楽の素晴らしさはもちろんですが、余りある寛大さ、忍耐力、包容力はわかっていたので、絶対に若い生徒たちの力になってくれるという思いはあり、なんとかお願いして実現しました✨✨

そして、本当に素晴らしいレッスンでした!

マスタークラス的なレッスンの良いところは、普段見ている先生だと細かい事に目が行きすぎたりしているところ、客観的に今、必要な重要ポイントを的確に教えて頂けて、そしてシャミール先生は本当に丁寧に根気強く伝えてくださいます。

何よりまだ10代になってすぐの若い歳に異文化の国の先生と触れ合え、日本語以外の言葉で交流し、本当に大切な事を学ぶことができる経験というものは何ものにも代え難い時間ですね。

コンクールは楽しい♪

私の母はヴァイオリン奏者で音大で教えてもおり、そして母方の親戚も音楽家がとても多く、私は当たり前のようにクラシック音楽と共に育ち、そして母も自分のことに集中しており、後から思えばかなり放任状態で育ったため、親子2人3脚のレッスンや、コンクールとは無縁。でも(だからこそ?)音楽はものすごく好きなままでいられた。(親がやり過ぎて音楽から遠ざかる人の話はごまんとある。。)

レッスン室にはありとあらゆる楽譜が並んでおり、ピアノ譜もかなり揃っており、自然と知らない楽譜を取り出してはゲームのように譜読みをして、どんな曲かを知るのがものすごく楽しかった。なので気がついた時には、楽譜は最初から両手で弾くもの、という認識しかなく後でこれは結構すごいことかも?と気づいた。若い頃は反射神経も鋭く、ピアノトリオの譜面も、自分のピアノパートだけでなく、ヴァイオリン、チェロパートにまで目がいっていた。そうそう、母のヴァイオリンと姉のチェロ、私はピアノ担当でベートーヴェンとかのトリオの初見大会をするのが何よりも楽しかったのです!ゲームはなかったし、テレビも全く見てなかったから、読書とマンガ、そして音楽が何よりの楽しみだったのかもしれない。(練習はご多分にもれず嫌い💦)

話はそれましたがそんな生活の中、コンクールと無縁だった私は生徒さんにもコンクールとは関係なく、地道にコツコツとそしてのびのびと練習を積み上げて行った先に必ず、音楽の楽しさ、喜びを知る日が来ると信じていますが、最近思うのは、『コンクールを利用しない手はない』です。短い期間で目標を設定して、課題曲1曲を隅々まで理解を深める事ができるし、何よりヴァイオリンの上達がはやいです!

子供のうちから結果に惑わされず、チャレンジすることへの過程を最重要視して取り組むことは、その先の将来に起こり得るいかなる難題にもへこたれず、あきらめずにつき進めるという精神力が養われることは間違いないのです。何より結果じゃなく、チャレンジできた自分を誇りに思うことができ、自信が持てます。

私のお教室の生徒さんでコンクールチャレンジしている子も、結果ではないところに価値を持って行けているので何回もコンクールにチャレンジすることができています。もちろん結果がついてこれば嬉しいに決まっていますが、コンクールってある意味、井の中の蛙的(その時に受けている人のレベル運、審査員の運、地域差etc)なものなので、そこに一喜一憂しないで、着実に昨日の自分より今日の自分、という自分に向き合える時間と捉えて行った方が得ですよね。そしてそこに集中できるとコンクールってとっても楽しいのです♪

コンクールって一見、他者との競争の場に思えますが、違うのです!自分との対話の時間なのです。自分のために他者がいる、という考えにシフトチェンジしてコンクールを受けてみませんか?

 

「音楽はそりに乗って」、終演しました。

18日、19日にアートピアホールにて開催された「親子でクラシック」コンサートが無事終演しました。企画が素晴らしかったため、なんと発売1時間後にはほぼ完売となってしまったようです。多くの生徒さんもお声がけ下さいましたが、ご希望に添えず申し訳ございませんでした。私は海外からコロナのために帰国できなくなった友人ヴァイオリニストのピンチヒッターとしての出演でしたが、子供たちが音楽に親しむ事ができ、大人も一緒に楽しめる内容となっており出演させて頂いてとても心が暖まりました😊

基礎練&クリスマス会✨

毎月オンラインで集まり、日々の基礎練習をみんなで一緒に頑張ろう♪ というコンセプトのもと、将来的に絶対に必要になるオンラインというツールに慣れ親しみ、発言力や、聞く力、などなども身につけてしまおうという一石3鳥ぐらいのこの企画♪

オンラインは、一気に世界中と繋がれる凄いツールですね♪ 違う世代の学校外でのお友達、仲間も遠く離れていても作る事ができます✨

このオンラインクラスもコロナが落ち着いている今、そしてちょうど12月♪ということもあり、オフラインで集まりたい!と、オンラインではなかなかできない合奏体験や、すごろくゲームなども交えたプチクリスマス会を開催しました😊 盛り沢山の内容すぎて、みんなでソルフェージュは出来ず残念でしたが、音階やセヴィシックなどの基礎練に始まり、合奏練習、音楽すごろくゲーム、そしてミニコンサートまでできて本当に楽しい時間になりました♪

普段見ることの出来なかった子供たちの一面も見る事ができて、私はとても感動し、大切な時間になりました。みんな本当に個性豊かでキラキラ輝いていました✨